FC2ブログ

「治療開始」ざます

2014.11.08 01:16|グレートデンスペンサー
温熱療法、はり治療、レーザー治療、ステロイド服用、手術について、「効果あり」「効果なし」両方の経験談をコメントやメールや電話にて、たくさん頂戴し、ありがとうございました

やはり個体差が激しいので、どの治療方法も「合う」「合わない」が有るようです

確かなのは、進行性の症候群ですから、自然に任せてると様々な病気を併発し、長生きは望めない事です

私たち夫婦は何度も話し合った結果、再生医療をしてみる事に決めました


ホームドクターの病院に行きました
お出かけが嬉しくて、フラフラしながらも外まで歩けました



お出かけに早く行きたい気持ちから、「自分で階段を降りるー」と、踏み出しちゃいました
しかし、後ろ足を一段降りた所で、進む事も戻る事もできなくなりました



一段、一段、座らせながら、前足を動かしては、次に後ろ足をバスタオルで釣り上げて、お手伝いして下さる方と2人で、やっと車に乗せました



病院の駐車場です
オシッコシーンではありません
歩行シーンです



コケた場合は、そのままの体制で少し休憩し、後ろ足を持ち上げて立たせます



ぐらぐら揺れますが、歩かなければ、その場に立っていられます
大好きな看護師さんに撫ぜてもらいました



混雑してるので外の駐車場で待機します



病院に入ったところです
オシッコしたいシーンではありません



歩行シーンです


再生医療には2週間の培養期間が必要です
外科手術には、パーツの海外輸入や術後すぐに必要になるオーダーコルセットの作成期間が必要です


我が家から近いので移動距離が短く、スペンサーが慣れているのでストレスが軽減できるという理由から、いつものホームドクターの病院に、再生医療の病院のドクターが出向いて来て下さり、脂肪細胞を採取して、急いで持ち帰り2週間の培養を開始してもらいます


再生医療で効果が見られない時は、ホームドクターの病院で外科手術をします
その時に必要なCTも撮ります
術後すぐに必要になるオーダーコルセットの採寸もします

脂肪細胞の採取もCTも、どちらも麻酔が必要なので、同時に行う事によって、麻酔のリスクを1回減らす事が出来るからと、両ドクターの協力と計らいでして下さいました

通常はお腹の皮下脂肪を採取するのですが、以前の去勢手術の時に、自力で抜糸してしまい、再縫合しましたが、またもや自力で抜糸しましたので、お口が届かない背中の脂肪採取にしてもらいました


培養をしている2週間はステロイド服用です

2週間後の再生医療で効果があれば、もちろん外科手術はしなくてすみます

不安もありますが、きっと良くなると信じています


アドバイスや励ましをくださった皆様、ありがとうございました

にほんブログ村 犬ブログへ


スポンサーサイト



| 2014.11 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

過保護なざぁ~ますママ

Author:過保護なざぁ~ますママ
犬種を問わずワンちゃんが大好きな
かなりイタイ過保護ママざます(^^♪
ヨロシクお願いするざます

★このブログ内の
文章及び写真の著作権は
「管理人:過保護なざぁ~ますママ」
にありますので他のブログ・HP・掲示板等への転載を一切禁止させていただくざます♪

★過保護なざぁ~ますママが公開に相応しくないと判断したコメントはサクッと削除するざますわよん♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

アタクシ、にほんブログ村のランキングに参加しているざます! ポチっと押していただくとアナタも幸せなるざますよ~ オホホ^^;

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

なる君とオスカー君は ランキングに参加しているざます  ポチッと応援して頂けたら 今日も「わんダフル!」でざます ぜひヨロシクお願いするざます にほんブログ村 犬ブログへ
  • ページトップへ
  • ホームへ
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村