FC2ブログ

「スペンサーについて」ざます

2014.11.01 01:51|グレートデンスペンサー
スペンサーの最初の異変はお尻フリフリのモンローウォークでした。

大型犬によくある股関節形成不全を疑い病院でレントゲンを撮りました。「少し緩いですが正常範囲内」との事でした。

それでも股関節形成不全だと思い込んでた私は、筋肉でカバーしようと、ドッグランや公園で毎日走らせてました。


次の異変は、いつもの公園で私を追いかけ走った時にベンチにぶつかったり、いつもの散歩道をゆっくり歩いている時に溝にはまったり、家の中でもフラつきコケる事があり、切り傷や擦り傷、打撲などで可哀想でした。




コケただけで病院なんて…と思いましたが念のため連れて行きました。
触診の結果、「膝蓋骨脱臼が少しある。たまに膝が脱臼するが、自然と元に戻る状態で、ほとんど支障がないほど」との事。



その後の異変は急速でした。
お散歩中に右後ろ足の甲側を擦り、爪から出血。






コケた時の打撲が痛くて足が上がらないのだと思っていました。
子供用のくつ下を履かせましたが、1回のお散歩で足の裏側じゃなく足の甲側が擦り切れて穴が空き血がにじみます。




くつ下ではダメだと思い、大型犬用の靴やブーツをたくさん注文しましたが、靴が届くまでに左後ろ足までも擦るようになりました。

慌てて病院に行くと足の甲側を擦る事に驚いたドクターは、ナックリング検査(足の甲側で立たし自力で戻せるか?)や、外で歩行状態をビデオに撮りました。
「以前のレントゲンから数ヶ月が経ってるのでレントゲン検査をし、そしてCT検査もしましょう、さらに、京都の病院を紹介しますのでMRI検査を受けて下さい」と言われました。

私は股関節と膝が急激に悪化したと思い、走らせ過ぎた事を後悔しました。


セカンドオピニオンを希望してると院長に伝え、人工関節までもを扱っている整形外科(動物人工関節センター)に連れて行きましたが、やはり「MRI検査をするべき」と言われました。

セカンドオピニオンに関して、ホームドクターの院長は心良く協力して下さり、病院にデータを送って頂いたり、直接ドクターに電話で病状の説明をして下さいますので、感謝しています。



長くなりますので、この続きは次回にさせて頂きます。



皆様、スペンサーをご心配いただきメールやコメントをありがとうございますm(_ _)m

ご訪問ありがとうございます
  
にほんブログ村 犬ブログへ

スポンサーサイト
| 2014.11 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

過保護なざぁ~ますママ

Author:過保護なざぁ~ますママ
犬種を問わずワンちゃんが大好きな
かなりイタイ過保護ママざます(^^♪
ヨロシクお願いするざます

★このブログ内の
文章及び写真の著作権は
「管理人:過保護なざぁ~ますママ」
にありますので他のブログ・HP・掲示板等への転載を一切禁止させていただくざます♪

★過保護なざぁ~ますママが公開に相応しくないと判断したコメントはサクッと削除するざますわよん♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

アタクシ、にほんブログ村のランキングに参加しているざます! ポチっと押していただくとアナタも幸せなるざますよ~ オホホ^^;

最新記事

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

なる君とオスカー君は ランキングに参加しているざます  ポチッと応援して頂けたら 今日も「わんダフル!」でざます ぜひヨロシクお願いするざます にほんブログ村 犬ブログへ
  • ページトップへ
  • ホームへ
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村